286.庭のコニファーがようやく(2019-01-16)

新年早くも半月が終わってしまった。実に1年の24分の1が終わったことになる。行ってしまい、逃げてしまい、去ってしまう最初の3月は異様に早く感じるのだろう。

さてさて我が家の南側にはコニファーが17本並んでいる。当初11本の計画だったのだが、市の生垣助成の条件である「隣の葉と触れ合う程度」というものに引っかかり、急遽6本増えたのだった。これは業者側の手違いというか見積もり不足ということで、料金そのままで増えた言わば「ラッキー案件」であった。

このコニファーたちの現在の状況と、昨年あったことを紹介しようと思う。

ようやく目隠しレベルに

まずは、コニファーが植えられた当初のころの写真をご覧いただきたい。

IMG_5777s

60~70cmくらいしかなくまだまだ小さい。目隠しなんてとても無理という感じだった。コニファー同士もスカスカでギリギリ生垣助成の条件をクリアしたくらいだ。

それでもコニファーは成長が早く、種類によってはあっという間に屋根くらいの高さになる。アメリカの広い家にあるようなものを思い浮かべると、結構なサイズだ。当然そんなサイズになっても困るので、我が家ではコニファーの中でも比較的成長の遅いタイプである「スカイロケット」を選んだのだ。それでもある程度の大きさになったら剪定が必要になるが。

根付くまではか弱いコニファーなので、竹や木でつくった支柱によって支えられている。この支柱は2年ほどで腐って土にかえるらしい。しっかり根付くのに1年はかかるということで、それまではしっかり守るためにある。

幸い風で折れてしまうということはなかったものの、植えてすぐに夏となったのが原因で数本枯れてしまった。水はたっぷりとあげていたのだが、それでもだめだったのだ。だめになってしまった数本は無料で植えなおしてくれた。

そんなトラブルがありつつもすくすく育ち、しっかりと根を張った現在がこちら。

3年半経ったコニファー

すっかり大きくなり、高さももちろんだが太くなった。隣のコニファーと触れるかどうかという感じだったのが、絡み合うほどになった。
盛り上がりすぎてやや外に飛び出してきているので、近々剪定が必要だろう。暖かくなってきたら外にはみ出している部分を切ろうと思う。

今は冬なのですこし白っぽくなっているが、春になって暖かくなると青々としたきれいな緑になる。最初の半年くらいは毎日のように水やりが必要だったが、根付いたおかげで今は何もしていない。それでも枯れる様子は全くない。

支柱はまだまだ現役!?

3年半経っても支柱は元気

植えたばかりのコニファーは細く小さかった。さらに根もまだ張っていないため風対策に支柱を入れていた。竹や木、麻ひもといったものでできた支柱は、2年くらいたてば腐って土にかえるということだったが、3年半経った今でも現役(?)である。もちろん当初よりも古くなったなと感じるし、もろくなってきている感じはする。それでもまだ2~3年は残っていそうだ。

まあ別に表から見えるわけでもないし、無理に撤去する必要もないだろうということでそのままにしてある。いずれは腐って土にかえるのだろうが、それまで放っておけばいいと思っている。

そしてその選択をしてよかったと思えるトラブルが昨年起きたのだった。

超強力な台風の風により

昨年、史上最強と言われた台風が発生したのを覚えているだろうか。しかも短期間に2つも大きな台風が来たこともあり、各地でかなりの被害が出た。我が家では外にあったものが飛んだり、またはどこからか飛んできたりというものがあったが、特に被害はないと思われた。建物も何事もなかったし、例え窓が割れても室内に被害が出ないことはわかっている。防犯シートが内側の窓ガラスをしっかり守っているからだ。

しばらくしてからふと、コニファーに異変があることに気が付いた。根本から折れ曲がっていたのだ。最初、コニファーの幹が折れてしまったのかと思いかなり焦った。幹が折れてしまったのならば、近いうちに枯れるだろうからだ。

実際には根っこから少しだけ引き抜かれたようになっていただけで折れてはいなかった。せっかく根付いた根っこが少し抜かれてしまったので、それはそれで枯れてしまうのでは?と思った。とりあえずは傾いたコニファーを戻してあげたのだが、少しクセが付いてしまってようなので、ビニールひもで支柱に固定しておいた。

DSC_0151s

あれから数月経った今、枯れる様子がないのでとりあえず安心だ。根もすこしだけ出てきてしまったというだけで大半は土に埋まったままだったのもよかったのだろう。もしあのままもう1回同じくらいの強風に吹かれていたら駄目だったかもしれない。もしくはもう少し若いコニファーだったら駄目だったかもしれない。ある程度の大きさに育ったコニファーだったからこそ、これくらいの変化で枯れるようなことにならなかったのだろう。

7mほどの1辺に17本ものコニファーが並ぶ様子はなかなか圧巻で気に入っている。台風の強風であわや!というところだったが、無事で本当によかった。これからも無事に元気よく育ってほしいものである。

剪定についてもそろそろ考える時期

和室から見たコニファー

室内から見ても目隠しとしての仕事を立派にしてくれているのがわかる。もう少しだけ背丈が伸びればもう十分なサイズである。大きくなりすぎると手入れができなくなるため、ここ!という大きさになったら剪定する必要がある。

一応、てっぺんの部分を切ればそれ以上上に伸びることはないと聞いている。あまり高くなってしまうと梯子が必要になってしまうので、もう少し伸びたところで切ってしまおうと思う。もちろん剪定などしたことがないし知識もほとんどない。いきなりジョキンと切って問題が起きてもいやなので、下調べはしておこうと思う。

まずは今春に外にはみ出てしまっている側面を。そしてもう少し上に伸びて完全な目隠しになったところでてっぺんを。その後は側面を定期的に整えていくという形になっていくと思う。長く我が家を守ってもらうためにも、しっかりと手入れをして付き合っていきたい。

 285.床のコーティングの経過報告(2019-01-09)

久々の投稿となる。i-smartでの4回目の年越しを無事に迎えて、家族3人と1匹は元気にやっている。11月半ばころから床暖房のスイッチを入れて、外気温なぞ関係ないとても快適な生活を送っている。

今日はフロアコーティングについて少し書こうと思う。新築するにあたり、フロアコーティングの悩みを抱えた方もたくさんいらっしゃるだろう。どこの業者に頼むのか。どんなコーティングにするのか。ツヤはどのくらいのものにするのか。コーティングする場所はどこにするのか。たくさんのことを考えなくてはならない。

そして一番の悩みどころは「実際に住んでみて、どの程度耐久力があるのか」だと思う。私自身もそこが一番知りたいところだったが、こればかりはそれほど情報がなかったのが実際のところだ。そして3年半暮らしてみて、我が家の状況を少し報告しようと思う。

床そのもののダメージは防ぎようがない

我が家は株式会社ゆはかのこ 森のしずくというところにフロアコーティングをお願いした。最大の決め手は自分で付けてしまった傷でも30年保証してくれるというところだ。30年という長さももちろんだが、自分で付けてしまった傷でも保証してくれるところはあまりない。30年もの間何が起こるかなんて皆目見当もつかないが、保証してくれるというのであればひとまず安心できる。

擦り傷に強く、さらには熱、各種洗剤もOK。水拭きもガンガンして構わないというのだから、ほとんど気にすることはない。床そのものにダメージがあるようなものはもちろん無理だが、手入れがしやすいのはかなりいい。

実際、ちょっとやそっとの引きずりでは目に見える傷はつかなかった。水もしっかりはじくため、何かこぼしてしまっても落ち着いて対処できる。まあそれが3年以上たった今、どうなったか。

足の細い椅子は要注意

 

まずこれは当初からなのだが、床そのものがへこみやすいような感じがする。これは我が家にある簡易折り畳み椅子だ。4つ足で足の先はゴムキャップがある。しかし、これは引っ越してから使っていない。この椅子に座ると床がへこむからだ。キレイに4つのへこみ痕ができる。床と接する部分があまり小さいものだと簡単にへこんでしまう。椅子やテーブルを購入するときには注意しなければならない点だ。

それと、キャスター付きの椅子も使っていない。これは森のしずくでも注意事項として挙げている。コーティング云々の前に床そのものがへこんだり傷ついてしまうからだ。使用する場合は可動範囲に保護マットを敷くことを勧めている。

普通の椅子をすこし引きずるくらいならば傷はつかない。我が家では椅子やテーブルの脚に保護用のマットシールを貼っているから余計に傷がつかない。床と接しているところに砂利や硬いごみなどが挟まっていれば当然傷がつくのだが。

ペットを飼っている場合は注意

ザラザラになってしまった床

 

我が家ではi-smartに引っ越してから少しして犬を飼い始めた。室内で飼っていて、トイレは主寝室にある。ペットシーツを敷いてあり、そこでおしっこ等をするようにしつけてある。が、狙いが外れてはみ出てしまうことも多々ある。すぐに気が付けばいいが、しばらく放ってしまうこともあるのだ。もちろん、ペット用の消臭スプレーで拭き掃除をすればきれいになる。が、この辺りの床がザラザラしてきた。

写真ではわからないかもしれないが、手で触ると明らかに他と違ってザラザラしている。コーティングが剥げてしまったのか、それとも何かがこびりついているのかはわからないが、どれだけ掃除してもツルツルになることはない。おしっこの成分なのか消臭スプレーのせいなのか・・・ともあれ手遅れ状態。ペットシーツを敷くところにはビニールマットなどを下に敷いておくことをお勧めする。

キッチン周りはそこまでダメージ無し

床の水のはじき具合

 

それからキッチン周辺の床。調理中の油はねや何かをこぼしたりなどは日常茶飯事。もちろん都度掃除はしている。そのためザラザラになっているということはない。が、以前と比べればツヤはなくなっているし、水のはじき具合も弱い。我が家が施工してもらったのはツヤが少ないタイプだが、それでもリビングなどと比べればツヤがなくなっている。他よりもよく歩く場所というのもあるだろう。

それでも、拭けばすぐにきれいになるし、落ちにくい汚れがあるというわけではない。個人的には思ったよりはツヤがなくなるのが早かったなーというところだが、結局は「コーティング」である以上消耗品として考えなければならないということであろう。

擦り傷には強いが

傷はつくものです

 

擦り傷については確かに強い。それでも絶対につかないわけではない。犬を飼い始めたころは爪の跡など全くつかなかったが、体重も16㎏まで増えて運動量も増した今はやや傷が見えるようになった。それでも家全体で見ればほとんどないと言っていい。一部見える傷がある、という程度だ。いろいろな場所を移動しているにも関わらず一部分だけにしかついていないのだから、十分擦り傷に強いと言っていいのだろう。

キャスター付きのワゴン台も使っているが特にそれで傷がついたりへこんだりはしていない。大人が乗っかる椅子とはやはり重さが違うのだ。普通に物を乗せたくらいのものなら問題なく使える。重い机やソファを動かすときも、浮かせ気味に移動させれば多少ずっても問題ない。これが3年半経った我が家の現状である。

水拭きすれば自分が映るくらいはきれいになるし、滑ったりはしない。家の中でよく通る場所のツヤがなくなってきているので、3年くらいで薄れてしまう部分が出るものなのかもしれない。一応、30年の間は何回でも部分施工等してくれるようなので、あまり気になるようであればお願いしようかと思っている。その代わり、施工した部分は1週間ほど立ち入り禁止になってしまうが・・・。

小さな傷くらいであれば目立たないように修復してくれるそうなので、これもお願いを検討してもいいかもしれない。せっかく30年保証をしてくれているのだから、有効に活用したほうがいいだろうと思いつつ、腰が上がるのはまだ先・・・(?)。

 284.実に悩ましい時期(2017-10-19)

床暖房

 

前回、冬支度がどうのこうのと書いたのだが、あれからぐっと寒くなり湿度も乾燥気味になってきた。子供がのど風邪をひいたこともあり、早速加湿器の稼働を始めたのである。準備しておいてよかった。

床暖房だが、まだつけてはいない。今までの流れからすると大体11月に入るあたりで稼働させているようだ。年によって気候は変わるものなのであえて11月稼働を頑なに守る必要はないのだが、どうもスイッチに手が伸びない。

Read more

 282.ハニカムシェードの紐が切れた(2017-08-30)

紐が切れたために開閉ができないハニカムシェード

 

8月も残り2日、娘の長いようで短かったようでやっぱり長かった夏休みもわずかとなった。東京では今年の夏はどうにもパッとしない天気が続き、梅雨よりも梅雨らしい毎日となった。当然ながら日照時間が少なく、それに伴って昨年の8月と比べて18%ほど発電量が少ない。まあ、逆に梅雨の時期に晴れが多かったのでトータルはトントンなのかもしれない。

Read more

 281.i-smartのLED照明(2017-07-12)

i-smartダウンライト

 

東京都が「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」として家庭の白熱電球とLED電球の無償交換を7月10日から開始した。都内在住で、18歳以上の都民であれば一人1回交換してもらえる。

交換の際には身分証明ができるものと、家庭で使用している白熱電球が2つ以上必要となる。白熱電球は消費電力が36w以上で少なくとも一つは口金サイズがE26のものである必要がある。白熱電球を2個持って行ってももらえるLED電球は1つらしいので、LED電球に切り替えるのに1つだけサービスしてもらうという感じだろうか。

Read more

 280.ハニカムシェードの直し方(2017-06-23)

日中かなり暑くなってきた。梅雨入りしたとはいえ、雨はあまり多くなくゲリラ的な雷雨などの方が目立つ。梅雨そっちのけで夏になってしまったかのようだ。

しかし夜中や明け方はまだまだ涼しい。時折寒いくらいである。そのため寝ている間は窓を開けておけば寝苦しいということはなく、夜間のエアコン稼働はまだいらなそうだ。
むしろ寒くて途中で窓を閉めるくらい。

それもこれも網戸を付けたおかげだ。我が家は新築当初は網戸を取り付けていなかった。
春が終わり夏に向かうこの時期や、秋から冬にかけては外の気候が心地よいため、追加工事で網戸を取り付けてもらったのだ。
i-smartの断熱性の高さゆえに日中に上がった分の室温を夜も保ってしまう。網戸を取り付けて窓を開けることでエアコンよりも素早く室温を下げることができるようになった。

Read more

 279.一条工務店から突然の工事連絡(2017-05-11)

4月の売電状況先月の売電金額が4万を超えて5万円近くとなった。
日差しが暖かくなる、3月後半から梅雨入りまでは稼ぎ時なのである。
特に今年は晴れが多く、昨年よりも多く発電しているようだ。

ちなみに使用した電気のほうは13,000円ほどだったので、差し引き35,000円くらいの「儲け」である。
我が家はまだ住みはじめて2年なので、ソーラーパネルのローンも終わっていない。
これが毎月3万ちょっとなので、今回は使用した電気代に加えて月々のパネルローン代もまかなえたことになる。ありがたい。

Read more

 278.樹脂シンクへのメラミンスポンジ使用について(2017-03-07)

メラミンスポンジ気づけば娘の卒園が間近となり、小学校生活が始まろうとしている。
私は幼稚園保護者会の幹事会長をやらせてもらっているが、それもあとわずかである。

小学校のPTA役員は立候補者がすぐに出たのでスムーズに決まった。
私は別にそういったものをやることに抵抗はないので、来年度以降に立候補者がいないようであれば、やっていこうとは思う。
我が家は一人っ子だし、こういう経験は後にも先にも無いのだから。

Read more

 277.加湿と結露(2017-01-26)

加湿器はフル稼働寒い日が続く。

我が家の床暖房の設定温度は28℃にしてある。
11月頭から付けていて設定は年末年始の家を空けた時以外は変えていない。
これでだいたい室温は21~22℃をキープしてくれるが、やはり冷え込みが激しいと20℃を下回ることもある。

と言っても、半袖だと肌寒いなーと思う位なので、普通の冬の格好をしていれば、快適である。
寝ているときはやや暑いくらいだ。

Read more