286.庭のコニファーがようやく(2019-01-16)

新年早くも半月が終わってしまった。実に1年の24分の1が終わったことになる。行ってしまい、逃げてしまい、去ってしまう最初の3月は異様に早く感じるのだろう。

さてさて我が家の南側にはコニファーが17本並んでいる。当初11本の計画だったのだが、市の生垣助成の条件である「隣の葉と触れ合う程度」というものに引っかかり、急遽6本増えたのだった。これは業者側の手違いというか見積もり不足ということで、料金そのままで増えた言わば「ラッキー案件」であった。

このコニファーたちの現在の状況と、昨年あったことを紹介しようと思う。

ようやく目隠しレベルに

まずは、コニファーが植えられた当初のころの写真をご覧いただきたい。

IMG_5777s

60~70cmくらいしかなくまだまだ小さい。目隠しなんてとても無理という感じだった。コニファー同士もスカスカでギリギリ生垣助成の条件をクリアしたくらいだ。

それでもコニファーは成長が早く、種類によってはあっという間に屋根くらいの高さになる。アメリカの広い家にあるようなものを思い浮かべると、結構なサイズだ。当然そんなサイズになっても困るので、我が家ではコニファーの中でも比較的成長の遅いタイプである「スカイロケット」を選んだのだ。それでもある程度の大きさになったら剪定が必要になるが。

根付くまではか弱いコニファーなので、竹や木でつくった支柱によって支えられている。この支柱は2年ほどで腐って土にかえるらしい。しっかり根付くのに1年はかかるということで、それまではしっかり守るためにある。

幸い風で折れてしまうということはなかったものの、植えてすぐに夏となったのが原因で数本枯れてしまった。水はたっぷりとあげていたのだが、それでもだめだったのだ。だめになってしまった数本は無料で植えなおしてくれた。

そんなトラブルがありつつもすくすく育ち、しっかりと根を張った現在がこちら。

3年半経ったコニファー

すっかり大きくなり、高さももちろんだが太くなった。隣のコニファーと触れるかどうかという感じだったのが、絡み合うほどになった。
盛り上がりすぎてやや外に飛び出してきているので、近々剪定が必要だろう。暖かくなってきたら外にはみ出している部分を切ろうと思う。

今は冬なのですこし白っぽくなっているが、春になって暖かくなると青々としたきれいな緑になる。最初の半年くらいは毎日のように水やりが必要だったが、根付いたおかげで今は何もしていない。それでも枯れる様子は全くない。

支柱はまだまだ現役!?

3年半経っても支柱は元気

植えたばかりのコニファーは細く小さかった。さらに根もまだ張っていないため風対策に支柱を入れていた。竹や木、麻ひもといったものでできた支柱は、2年くらいたてば腐って土にかえるということだったが、3年半経った今でも現役(?)である。もちろん当初よりも古くなったなと感じるし、もろくなってきている感じはする。それでもまだ2~3年は残っていそうだ。

まあ別に表から見えるわけでもないし、無理に撤去する必要もないだろうということでそのままにしてある。いずれは腐って土にかえるのだろうが、それまで放っておけばいいと思っている。

そしてその選択をしてよかったと思えるトラブルが昨年起きたのだった。

超強力な台風の風により

昨年、史上最強と言われた台風が発生したのを覚えているだろうか。しかも短期間に2つも大きな台風が来たこともあり、各地でかなりの被害が出た。我が家では外にあったものが飛んだり、またはどこからか飛んできたりというものがあったが、特に被害はないと思われた。建物も何事もなかったし、例え窓が割れても室内に被害が出ないことはわかっている。防犯シートが内側の窓ガラスをしっかり守っているからだ。

しばらくしてからふと、コニファーに異変があることに気が付いた。根本から折れ曲がっていたのだ。最初、コニファーの幹が折れてしまったのかと思いかなり焦った。幹が折れてしまったのならば、近いうちに枯れるだろうからだ。

実際には根っこから少しだけ引き抜かれたようになっていただけで折れてはいなかった。せっかく根付いた根っこが少し抜かれてしまったので、それはそれで枯れてしまうのでは?と思った。とりあえずは傾いたコニファーを戻してあげたのだが、少しクセが付いてしまってようなので、ビニールひもで支柱に固定しておいた。

DSC_0151s

あれから数月経った今、枯れる様子がないのでとりあえず安心だ。根もすこしだけ出てきてしまったというだけで大半は土に埋まったままだったのもよかったのだろう。もしあのままもう1回同じくらいの強風に吹かれていたら駄目だったかもしれない。もしくはもう少し若いコニファーだったら駄目だったかもしれない。ある程度の大きさに育ったコニファーだったからこそ、これくらいの変化で枯れるようなことにならなかったのだろう。

7mほどの1辺に17本ものコニファーが並ぶ様子はなかなか圧巻で気に入っている。台風の強風であわや!というところだったが、無事で本当によかった。これからも無事に元気よく育ってほしいものである。

剪定についてもそろそろ考える時期

和室から見たコニファー

室内から見ても目隠しとしての仕事を立派にしてくれているのがわかる。もう少しだけ背丈が伸びればもう十分なサイズである。大きくなりすぎると手入れができなくなるため、ここ!という大きさになったら剪定する必要がある。

一応、てっぺんの部分を切ればそれ以上上に伸びることはないと聞いている。あまり高くなってしまうと梯子が必要になってしまうので、もう少し伸びたところで切ってしまおうと思う。もちろん剪定などしたことがないし知識もほとんどない。いきなりジョキンと切って問題が起きてもいやなので、下調べはしておこうと思う。

まずは今春に外にはみ出てしまっている側面を。そしてもう少し上に伸びて完全な目隠しになったところでてっぺんを。その後は側面を定期的に整えていくという形になっていくと思う。長く我が家を守ってもらうためにも、しっかりと手入れをして付き合っていきたい。

 282.ハニカムシェードの紐が切れた(2017-08-30)

紐が切れたために開閉ができないハニカムシェード

 

8月も残り2日、娘の長いようで短かったようでやっぱり長かった夏休みもわずかとなった。東京では今年の夏はどうにもパッとしない天気が続き、梅雨よりも梅雨らしい毎日となった。当然ながら日照時間が少なく、それに伴って昨年の8月と比べて18%ほど発電量が少ない。まあ、逆に梅雨の時期に晴れが多かったのでトータルはトントンなのかもしれない。

Read more

 280.ハニカムシェードの直し方(2017-06-23)

日中かなり暑くなってきた。梅雨入りしたとはいえ、雨はあまり多くなくゲリラ的な雷雨などの方が目立つ。梅雨そっちのけで夏になってしまったかのようだ。

しかし夜中や明け方はまだまだ涼しい。時折寒いくらいである。そのため寝ている間は窓を開けておけば寝苦しいということはなく、夜間のエアコン稼働はまだいらなそうだ。
むしろ寒くて途中で窓を閉めるくらい。

それもこれも網戸を付けたおかげだ。我が家は新築当初は網戸を取り付けていなかった。
春が終わり夏に向かうこの時期や、秋から冬にかけては外の気候が心地よいため、追加工事で網戸を取り付けてもらったのだ。
i-smartの断熱性の高さゆえに日中に上がった分の室温を夜も保ってしまう。網戸を取り付けて窓を開けることでエアコンよりも素早く室温を下げることができるようになった。

Read more

 278.樹脂シンクへのメラミンスポンジ使用について(2017-03-07)

メラミンスポンジ気づけば娘の卒園が間近となり、小学校生活が始まろうとしている。
私は幼稚園保護者会の幹事会長をやらせてもらっているが、それもあとわずかである。

小学校のPTA役員は立候補者がすぐに出たのでスムーズに決まった。
私は別にそういったものをやることに抵抗はないので、来年度以降に立候補者がいないようであれば、やっていこうとは思う。
我が家は一人っ子だし、こういう経験は後にも先にも無いのだから。

Read more

 276.タッチレス水栓ナビッシュの修理について(2017-01-20)

ナビッシュのソケット修理我が家のキッチンはタッチレス水栓がついている。
まあなんとも便利で手放せないので、誰かにおすすめしたい設備No.1だ。

そんなタッチレス水栓だが、多少のぐらつきがあったため年末に修理してもらった。
修理と言っても、ぐらつきの元となるボルトを締めてもらっただけだが、思わぬ問題が浮上したのだ。

ぐらつきが原因で、少しずつ水などが中に入り込みコードが腐食してしまっていたのだ。
そして、ソケットから一本コードが切れて抜けてしまっていたため、ルミナスサインという吐水している水の温度を知らせるセンサーが効かなくなってしまったのだ。
水やお湯は出るし、水栓としての機能には問題がないため通常通り使えるのだが、なんだかんだでこのルミナスサインは便利なので、やはり直してもらうことにした。

Read more

 275.とりあえずやってみてから基本へ(2017-01-12)

手編みの教科書一昨年末辺りから編み物を始めて、まず棒針編みで手袋を作り、鍵編みで小さなモチーフやハンドバッグ、ハンドウォーマーを作った。
数はそれほどこなしていないが、とりあえずは編み物の世界に入ったと言っていいだろう。

そんな中、この年末年始で妻の実家に帰った際、妻の祖母から編み物の本を数冊頂けたのだ。
棒針編みについては1冊持っていたのだが、頂いたのは教科書のような基本から応用まで編み方をマスターするためのもの。

今の時代、インターネットで動画を見ながら編み方を覚えられるが、結局は基本を知っている人の真似をするだけだ。
だから、何故そのようなことをするのかを理解していないまま、何となくやっていることが多い。
それでも作品は出来上がるのでよしとしていたが、これらの本の収穫で、何となくやっていたことの理論がわかるようになる。

Read more

 274.年明けとタッチレス水栓(2017-01-10)

年が明けて、正月モードも終わり日常が始まった。
今年もみんなを集めての新年会を開き、にぎやかに新年を迎えることができた。

そんな中、キッチンのタッチレス水栓ぐらつき問題がようやく解決した。
1月6日に修理に来てくれ、ぐらつきは全くなくなったのだ。
おまけに、中に水がしみこんだことによる汚れも丁寧に綺麗にしてくれたのである。
忙しい中日程を調整してくれて感謝感謝である。

Read more

 269.冷蔵庫の買い替えについて(2016-09-02)

そういえば少し前に冷蔵庫を買い替えた。ある日突然中の照明が付かなくなったのだが、操作のボタンは反応している。たまたま照明だけつかなくなったのだろうと思っていたのだが、どうも冷えていない。

この夏の暑い日に冷蔵庫が壊れるとは一大事なので、急ぎ近くの電気屋に行き、即日配送可能のものを選んで購入した。

Read more

 262.i-smartの蝶番について(2016-03-24)

i-smartの3次元蝶番i-smartに住んで半年以上経った。実に快適に暮らしているが、1点だけ芳しくないところがある。

それは、各ドアや収納扉の蝶番である。特にドアの蝶番は変わっていて、一つで3次元の調整が可能となっているようだ。なかなか珍しいタイプで、調整がすぐできるのがメリットだ。

今回は、そのメリットこそがあだになっているのではないかという疑問についてである。

Read more